世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2019.03]映像は踊る 3本のドキュメンタリー映画
『セメントの記憶』『あまねき旋律』『盆唄』に観る、
それぞれの“ダンス”について。

[2019.03]映像は踊る 3本のドキュメンタリー映画 『セメントの記憶』『あまねき旋律』『盆唄』に観る、 それぞれの“ダンス”について。

文●圷 滋夫 text by SHIGEO AKUTSU  映画は、映像と音で構成される。その音には台詞や環境音、音楽などが含まれ、中には音楽がとても豊かで重要な役割を果たす作品がある。ここで紹介する3本のドキュメンタリーもそんな作品で、いずれも〝ダンス〟を感じさせる内容だが、そのアプローチについてはそれぞれ全く違う方法が採られている。 『セメントの記憶』© 2017 Bidayyat for Audiovisual Arts, BASIS BERLIN Filmprod

[2019.03]ブラジルのポップスターとなった
ドラァグクイーン パブロ・ヴィタール

[2019.03]ブラジルのポップスターとなった ドラァグクイーン パブロ・ヴィタール

文●ヂエゴ・ムニス text by writer DIEGO MUNIZ  パブロ・ヴィタールは現在のブラジルのミュージックシーンのポップスターの一人だと言ってよいだろうか。インタグラムのフォロワーは800万人におよび、ミュージックビデオは10億回再生されている、世界で最もフォローされているドラァグクイーンであり、現在ブラジルで最も聴かれているアーティストのひとりだ。驚異的な記録を複数打ち出し、ラテン・グラミーにノミネートされた最初のドラァグクイーンでもあるパブロは、社会