世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2019.07]ミナスの歌声セルジオ・サントス 〜キャリア初のカバー集『São Bonitas as …

文●TOYONO  ミナス出身のSSWセルジオ・サントス。パウロ・セーザル・ピニェイロとコンビを組んだデビュー作にして名盤『Aboio』((1995)より着実にキャリアを重ね、また彼の持つ世界感にミュージシャンからのラブコールも多い素晴らしいアーティストである。  深淵な雰囲気が美しいアートワー…

[2019.08]ルシアナ・ソウザ インタビュー

文●TOYONO ●ルシアナ・ソウザの影響力  コンテンポラリージャズシーンのアイコニックな存在であるエスペランサ、グレッチェン・パーラト、ステイシー・ケントなど、ここ数年ブラジル音楽へ傾倒するブラジル国外の歌手の活躍が目覚ましい。かつてはエラ・フィッツジェラルド、サラ・ヴォーン、ディ…