世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2019.07]ミナスの歌声セルジオ・サントス 〜キャリア初のカバー集『São Bonitas as Canções』
アンドレ・メマーリのプロデュースによるワールドクラスの名作誕生

[2019.07]ミナスの歌声セルジオ・サントス 〜キャリア初のカバー集『São Bonitas as Canções』 アンドレ・メマーリのプロデュースによるワールドクラスの名作誕生

文●TOYONO  ミナス出身のSSWセルジオ・サントス。パウロ・セーザル・ピニェイロとコンビを組んだデビュー作にして名盤『Aboio』((1995)より着実にキャリアを重ね、また彼の持つ世界感にミュージシャンからのラブコールも多い素晴らしいアーティストである。  深淵な雰囲気が美しいアートワークの彼の新作が届いた。今作はギターを弾かず歌声に徹したキャリア初のカバー集。自身の曲作りにおいて影響を受けてきたリスペクタブルなブラジル楽曲を採り上げているが、結果的に「ブラジル音

1
[2019.08]ルシアナ・ソウザ インタビュー

[2019.08]ルシアナ・ソウザ インタビュー

文●TOYONO ●ルシアナ・ソウザの影響力  コンテンポラリージャズシーンのアイコニックな存在であるエスペランサ、グレッチェン・パーラト、ステイシー・ケントなど、ここ数年ブラジル音楽へ傾倒するブラジル国外の歌手の活躍が目覚ましい。かつてはエラ・フィッツジェラルド、サラ・ヴォーン、ディオンヌ・ワーウィックなど錚々たるスター達もブラジル音楽を採り上げているが、あくまでプロジェクトとしての捉え方であった。が、先にあげたアーティスト達は、ブラジルに何度も出向きギンガと共演を重ね