世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2019.07]ルツィア・カドッチュ インテリジェンス溢れる
クールでエレガントな歌声で綴られた
ジャズ・ヴォーカルの未来

[2019.07]ルツィア・カドッチュ インテリジェンス溢れる クールでエレガントな歌声で綴られた ジャズ・ヴォーカルの未来

文●オラシオ text by Horacio  ヨーロッパどまんなかに位置する国スイス。日本ではスイス銀行や永世中立国というスタンス、アルプス山脈にアーミーナイフ、テニスのロジャー・フェデラー、フィギュアスケートのステファン・ランビエールなどが有名だが、その音楽的ポテンシャルはまだまだ発見の途上にある。そんな中、気を吐いたのがヴォーカリストでチューリッヒ出身のルツィア・カドッチュだ。Enja(国内盤MUZAK)から発売された彼女の初リーダー作『スピーク・ロウ』(2016)は

スキ
1