世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2019.07]Paula y Los Pájaros バンドとしてのパワフルなサウンドを獲得した
『Lo invisible(目に見えざるもの)』

[2019.07]Paula y Los Pájaros バンドとしてのパワフルなサウンドを獲得した 『Lo invisible(目に見えざるもの)』

文●宇戸裕紀 text by HIRONORI UTO  2015年リリースのファーストアルバムでじわりと日本のアルゼンチン音楽ファンの心を掴んだマリア・パウラ・トーレ率いる「「パウラ・イ・ロス・パハロス(パウラと小鳥たち)」。2017年には自費で来日し、コトリンゴとレコーディング、2018年にはアルゼンチンを訪れたコトリンゴと共演を果たすなどその並外れた行動力で一躍日本の「コトリ関係者」にその名を知らしめた。ソフトなタッチでリズミカルなファーストから一転、パワフルでより完