世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2020.01]映画評 『家族を想うとき』『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』

[2020.01]映画評 『家族を想うとき』『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』

文●圷 滋夫  イギリスが世界に誇る名匠ケン・ローチ監督は怒っている。16年のカンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した前作『わたしは、ダニエル・ブレイク』発表後に、再び表明した引退宣言を撤回する程に!  ローチの創意を再び突き動かしたのは、テクノロジーの進化によって労働者が秒単位でがんじがらめに管理されてしまう社会システムの冷淡さだ。それによって幸せだった家族が少しずつ壊れていく姿を、ローチはスクリーンに克明に刻んでいる。 『家族を想うとき』  舞台は前作に続きニュー

1