世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2017.12]次世代のモダン・フォルクローレ界を担う逸材
SERAARREBOL

[2017.12]次世代のモダン・フォルクローレ界を担う逸材 SERAARREBOL

文●坂本 悠  ナディア・ラルチェルは広大なアンデス山脈が連なるアルゼンチン北部のカタマルカ州アンダルガラ出身のボーカリスト、イグナシオことナチョ・ビダルは1981年ブエノスアイレス出身、ボーカル/ギター/作詞作曲を担当している。彼らはナディアの出身地アンダルガラで約10年前に出会い、2013年から「セラアレボル」として活動をはじめる。これまでにアカ・セカ・トリオ、ディエゴ・スキッシ、カルロス・アギーレ、リリアーナ・エレーロ等と共演を重ね、次世代のアルゼンチンのモダン・フォ