世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2018.03]水声社「ブラジル現代文学コレクション」~多様なブラジル文学の再発見~

[2018.03]水声社「ブラジル現代文学コレクション」~多様なブラジル文学の再発見~

文●岸和田 仁 texto por HITOSHI KISHIWADA  昨年10月に第一巻が刊行された、水声社版「ブラジル現代文学コレクション」のラインアップを列記すると、 ❶『エルドラードの孤児』 ミウトン・ハトゥン 武田千香訳 ❷『老練な船乗りたち』 ジョルジ・アマード 高橋都彦訳 ❸『家宝』 ズウミーラ・ヒベイロ・タヴァーリス  武田千香訳 ④『最初の物語』 ジョアン・ギマランイス・ホーザ 高橋都彦訳 ⑤『あけましておめでとう』 フーベン・フォンセッカ 江

2