世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2017.03]「ラ・クンパルシータ」 100周年に寄せて -Ⅰ- 作者マトス・ロドリゲスと名…

文●西村秀人 ▲1988年にウルグアイで発行されたラ・クンパルシータの記念切手と消印  今年2017年はタンゴの名曲「ラ・クンパルシータ」が初めて録音されてから100年という節目の年にあたる。そこで今回から3回にわたって、この名曲の数奇な運命と100年の旅路をめぐる話に3回に渡ってお付き合…

[2017.04]「ラ・クンパルシータ」  100周年に寄せて -Ⅱ- 名曲を作った男  ヘラル…

文●西村秀人  1917年「ラ・クンパルシータ」を作った学生ヘラルド・エルナン・マトス・ロドリゲスは、楽譜出版社に安く買いたたかれ、そこで得たわずかなお金も競馬で失い、レコードの印税を受け取ることもなく、失意にくれていた。一説によれば、ヘラルドは自らの運をもう一度試そうとコロラド…