世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2021.03]【連載 アルゼンチンの沖縄移民史④】アルゼンチンでの生活

文●月野楓子  1908年に日本を出発した第一回ブラジル移民のコーヒー耕地での生活は、彼らが当初思い描いていたようなものではなかった。そのため、配属された農地を後にし、よりよい労働条件や新たな仕事を求めて移動する人びとが後を絶たなかった。前回書いたように、笠戸丸移民のうち、1年後にも…

[2021.01]宮沢和史インタビュー 〜2020年について聞く ツアーのこと、沖…

取材・文●佐々木俊広  2021年1月に最新作『次世界』のリリースを発表した宮沢和史。2020年をどのように捉えて行動し、どんなことを感じ、考えていた1年だったのか。コンサート・ツアーを終えたばかりの宮沢氏に話を訊いた。 ── まず、終えられた秋~冬のコンサート・ツアー「詩の朗読と歌による…

[2018.12]島々百景 #34 小浜島

文と写真:宮沢和史  沖縄の三線という楽器は琉球古典音楽・舞踊、組踊、琉球芝居、エイサー、民謡、に欠かすことのできない伴奏楽器であり、かつては沖縄の魂と称され、日本の刀にも並ぶほどの大切な家宝でもあった。棹の部分はリュウキュウコクタン(くるち)、特に八重山地方のくるちが最良の材木…