世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[1989.04]映画『スール その先は…愛』での至高のタンゴ人たちとアルゼンチンの歴史背景

[1989.04]映画『スール その先は…愛』での至高のタンゴ人たちとアルゼンチンの歴史背景

文●本田 健治 Texto por KENJI HONDA  「スール」は私たちに愛の歴史を語ってくれているものであると表明したい。これは、一組の夫婦の愛であり、ある国への愛の歴史なのである。   これは帰還の歴史である。  『スール』はその映画の中で「夢のテーブル」と呼んできた、あの時代のアルゼンチン人たちを私たちに思い出させてくれる。私は彼らから学んだ。彼らに感謝する。彼らは政治的な信条を超えて、遺産として私たちにひとつの果たすべき約束を残してくれた。彼らは「南の自

スキ
6