世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2019.02]ブラジルフィールドワーク #09 村々の手仕事の
美に魅せられて

[2019.02]ブラジルフィールドワーク #09 村々の手仕事の 美に魅せられて

文・写真●下郷さとみ text & photos by SATOMI SHIMOGO 村々にひっそり残る手仕事の文化  奥地の農村で。小さな漁村で。ブラジルでは、あちこちにひっそりと、手仕事の伝統が息づいている。女性たちの手から手へ受け継がれてきた素朴な技が、布やかご、身の回りの道具などの日々の暮らしの品を作り出してきた。  ヨーロッパからの移民の子孫の多いブラジルには、遠いルーツを物語る手仕事も残されている。レース編みや手織物など、ヨーロッパでは既に失われてしまった文

5
[2020.02]ブラジルフィールドワーク #21
環境正義と環境レイシズム

[2020.02]ブラジルフィールドワーク #21 環境正義と環境レイシズム

世界で森が燃えている  森が燃えている。昨年6月は北極圏のアラスカ、シベリアで。8月はアマゾンが燃え始め、9月には東南アジアのボルネオ島やスマトラ島でも。10〜11月にはカリフォルニアが。そして9月にオーストラリアで始まった森林火災は年が明けてもまだなお、炎が収まる兆しがない。乾期の森林火災はオーストラリアでは自然現象のひとつだとはいえ、例年にない規模で拡大し続けている。  世界中で頻発し大規模化する森林火災の背景にあるのは、大気の高温化と乾燥化だ。火元の原因が自然発火で

1