世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2020.11]名盤で聴くウルグアイ音楽(Vol.1)

[2020.11]名盤で聴くウルグアイ音楽(Vol.1)

文●宇戸裕紀 Text By Hironori Uto  中古レコードが高値で取引され、近年では70年代、80年代の音源が海外のレーベルから再発になるなどコアな南米音楽ファンに人気の高いウルグアイ音楽。レコードを手に入れなければ聴けないという敷居の高い音楽であったものがSpotifyなどで手軽に誰でも触れられる時代になった。にも関わらず名前の発音もあやふやなアーティストさえいるくらいで、残念ながら各アーティストが築いてきたキャリアについては知られていないものが多い。ウルグ

26
[2016.10]フェルナンド・カブレラ
モンテビデオと音楽

[2016.10]フェルナンド・カブレラ モンテビデオと音楽

文●ソフィア・カサノバ/写真●ルリ texto por SOFIA CASANOVA / foto por LULI  ホルヘ・ルイス・ボルヘスやフリオ・コルタサルが滞在し、フェルナンド・カブレラ自身もライヴショーを行ったこともあるモンテビデオ市内の伝説のホテル・セルバンテス(現ホテル・エスプレンデドール)の最上階で話しを聞いた。 ▲ —— よく訊かれることかもしれませんが『Fernando Cabrera Canta Mateo y Darnauchans(フェルナ

5