世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2015.06]カルロス・ガルデル没後80周年記念特別企画〜没後61年目に初めて明らかにされた…カルロス・ガルデル出生の秘密①

[2015.06]カルロス・ガルデル没後80周年記念特別企画〜没後61年目に初めて明らかにされた…カルロス・ガルデル出生の秘密①

文●樫村 慶一 1920〜30年代にスペイン語圏はもちろん、ヨーロッパ、アメリカと何度もツアーし、コンサートだけでなく映画にも出演して、タンゴの普及に大きく貢献をした歌手、作曲家がカルロス・ガルデルだ。彼はニューヨークでの映画の撮影を終え立ち寄ったコロンビアで、飛行機事故でこの世を去った。その後、彼の出生を巡ってウルグアイとアルゼンチンが大論争していたのだが、結局、フランスのトゥールーズで出生証明書が発見され、論争に終止符を打ったように見える。しかし、もう一つ、飛行機事故を

スキ
2