世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2018.06]特集:ぼくらの音楽 古川麦〜穏やかな海の先に見えるもの

文●宮本剛志 text by TAKESHI MIYAMOTO  cero、表現(Hyogen)、あだち麗三郎クワルテッットなどのメンバーでもある古川麦。ギターから管楽器まで演奏…

[2018.10]特集:音楽とラジオとエッセイと 〜By chance, Davi…

文●荒内 佑(cero)  ツアー先で、ちょっと古びたビジネスホテルなんかに泊まる。そうするとベッド脇のテーブルに時折、ラジオが埋め込まれている。…

[2018.08]特集:日本の新しい室内楽2018 角銅真実

文●宮本剛志 text by TAKESHI MIYAMOTO  石若駿のSongbook Trioでの歌唱やceroのサポートで知られる音楽家、⻆銅真実だが、自身の活動では音楽と美…

[2018.06]特集:ぼくらの音楽 cero が選ぶワールドミュージック的アルバ…

bonobo『the north borders』(2013) feat.エリカ・バドゥの「’Heaven For the Sinner」が、『Waters』と楽曲の構造が同じで、荒内くんは作ってい…

[2018.06]特集:ぼくらの音楽 cero 〜日本のポップ・シーンの未来をリードする傑作 …

文●渡辺裕也 text by YUYA WATANABE  ブラック・ミュージックが席巻する時代と見事に並走してみせた前作『Obscure Ride』から、約3年。ceroの通算…