マガジンのカバー画像

世界の音楽情報誌「ラティーナ」

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これか… もっと読む
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てア… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#次世界

[2021.03]宮沢和史 NEW ALBUM 『次世界』発売記念ライヴ 東京公演 レポート

文●東 千都(ラティーナ編集部)  写真●ほりたよしか  写真提供協力●よしもとミュージック 本エントリーは、3/21(日)までは無料でお読みいただけます。3/22(月)からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。

スキ
91

[2021.03]アルバム『次世界』 発売記念コンサートに向けて

文●編集部  1/20にリリースされた宮沢和史のニューアルバム『次世界』。コロナ禍で制作され、今もまだ続いているこの状況で “未来” へ向けてのメッセージが込められた作品となっている。  アルバムリリースを記念してのライブが今週末開催される。(東京:3/6、大阪:3/8)リリース時のインタビューでは、このライブを「コロナ禍だからこそ鳴り響くロックっていうのがあるはずなので、その“点”を探していくことになる」と語っている。  リリース後の反響やこのライブへの意気込みなどを、改

スキ
34

[2021.01]宮沢和史インタビュー 〜2020年について聞く ツアーのこと、沖縄のこと〜

取材・文●佐々木俊広  2021年1月に最新作『次世界』のリリースを発表した宮沢和史。2020年をどのように捉えて行動し、どんなことを感じ、考えていた1年だったのか。コンサート・ツアーを終えたばかりの宮沢氏に話を訊いた。 ── まず、終えられた秋~冬のコンサート・ツアー「詩の朗読と歌によるコンサート2020 “未来飛行士”」についてお聞きします。 宮沢和史 10月から始めたツアーで、3公演中止にしてしまったので非常に心苦しくてですね、こちらの勝手な都合で中止にしてしまっ

スキ
41