世界の音楽情報誌「ラティーナ」

【追悼】[1991.10]今も変わらぬ貫禄のステージを見せつけた "エル・マエストロ" ジョニー・パチェーコ

【追悼】[1991.10]今も変わらぬ貫禄のステージを見せつけた "エル・マエストロ" ジョニー・パチェーコ

文●山口元一 texto por GEN-ICHI YAMAGUCHI サルサのレジェンド、ジョニー・パチェーコが2021年2月15日、85歳で亡くなりました。 以下の記事は、月刊ラティーナ1991年10月号に掲載されたものです。追悼の意を込め、ここに再掲致します。  7月23日、東京渋谷のクラブ・クアトロ。“エル・マエストロ” ジョニー・パチェーコの自己の楽団としては初めての来日公演である。が、薄暗いフロア内は多数の椅子とテーブルが並べられているにもかかわらず空間が目立

9
[2019.10]【連載 TÚ SOLO TÚ #233】 フアン・ルイス・ゲーラ
5年ぶりの新作はあるがままのエッセンスが満載

[2019.10]【連載 TÚ SOLO TÚ #233】 フアン・ルイス・ゲーラ 5年ぶりの新作はあるがままのエッセンスが満載

文●岡本郁生  かつて一世を風靡したスターが相変わらず活躍しているのを見るのはやはり嬉しい。マーク・アンソニーしかり、アルバムこそ何年も出していないもののコンスタントに活動を続けていたドミニカ共和国のスーパー・スター、フアン・ルイス・ゲーラが5年ぶりのニュー・アルバム『リテラル』を発表した。 「この最新作は、ある意味で、『リテラル(「文字どおり」の意)』であることのエッセンスを集めたものなんだ」と彼はAP通信のインタビューに答えている。「娘のパウリナがいつもその言葉を