世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2016.05] キケ・シネシ【新しい世界の作曲家 - フォークロア、プリミティブ、うた、器楽、革新 -】

[2016.05] キケ・シネシ【新しい世界の作曲家 - フォークロア、プリミティブ、うた、器楽、革新 -】

キケ・シネシ(Quique Sinesi) ●プロフィール 1960年ブエノスアイレス生まれの現代ラテンアメリカを代表するギタリスト。タンゴ、フォルクローレといったアルゼンチン土着のリズムだけにとどまらず、即興、ジャズ、ワールドまで幅広く手がける。カルロス・アギーレ、岩川光、パブロ・シーグレル、チャーリー・マリアーノらとのコラボレーションでも知られる。(プロフィールは2016年当時) 『 7 sueños / Familia』(2014) Q1.どういう音楽を聴いて育っ

スキ
1
[2016.05]ギンガ【新しい世界の作曲家 - フォークロア、プリミティブ、うた、器楽、革新 -】

[2016.05]ギンガ【新しい世界の作曲家 - フォークロア、プリミティブ、うた、器楽、革新 -】

ギンガ(Guinga) ●プロフィール 1950年リオデジャネイロ州郊外マドゥレイラ生まれ。ギタリストで作曲家。14才の頃から作曲をはじめ、17才で歌謡コンクールにノミネートされた。1970年代に、ベッチ・カルヴァーリョやジョアン・ノゲイラのグループで演奏し、エリス・レジーナらが彼の楽曲を取り上げた。しかし、並行した歯科医としての仕事もしていた。91年から、Velasレコードからソロアルバムをリリースするようになり、近年更に活発な活動を行っている。(プロフィールは2016年

スキ
1
[2019.01]GUINGA STORY ギンガ・ストーリー(後編)

[2019.01]GUINGA STORY ギンガ・ストーリー(後編)

文●花田勝暁 text by KATSUAKI HANADA 私は、自分の音楽世界を、ギンガの音楽世界と交換したかった。── パコ・デ・ルシア(音楽家)  ギンガは現代、最も重要かつ深く、独創的な作曲家です。彼の作品は、掘り下げれば掘り下げるほど、複雑で洗練された匠の技が明らかになります。彼の作品は、現代的な作曲を真剣に学ぶ人にとっては避けて通ることのできないものです。ギンガの音楽を聴くことは、単に聴くこと以上に、肉体的な経験です。ギンガの曲は音として届くと同時に、身体と

スキ
1
[2018.12]GUINGA STORY ギンガ・ストーリー(前編)

[2018.12]GUINGA STORY ギンガ・ストーリー(前編)

文●花田勝暁 text by KATSUAKI HANADA  来年4月の来日が決定したギンガのキャリアを振り返ります。前編では幼少期から2000年までを追いかけます。  私は1991年に自分のアルバム『ブラジレイロ』を録音していたときに、リオデジャネイロでギンガを知りました。私は瞬く間に、彼の曲のメロディーの独創性とハーモニーの豊かさに魅了されてしまい、素晴らしい作曲家であるギンガが本物のイノベーターだと気付きました。ギンガは歴史の住人で、ブラジルのポピュラー音楽の最

スキ
2
[2016.02]ギンガ ミュージシャンのなかのミュージシャン

[2016.02]ギンガ ミュージシャンのなかのミュージシャン

文●ヂエゴ・ムニス / 翻訳●宮ヶ迫ナンシー理沙 texto por DIEGO MUNIZ / tradução por NANCI LISSA MIYAGASAKO  ブラジル音楽には、この国で最も讃えられたこの芸術に変革をもたらした人物たちの名が刻印されている。それは数知れないたくさんの素晴らしいコンポーザーたちであり、ポピュラー音楽の歴史上重要な何章をも綴ってきた人物たちである。エイトール・ヴィラ=ロボス、トム・ジョビン、ジョアン・ジルベルトなど、MPBのどのアンソ

スキ
2
[2018.09]チリの新鋭、ハビエル・コントレラス 2018年9月中旬に待望の来日!

[2018.09]チリの新鋭、ハビエル・コントレラス 2018年9月中旬に待望の来日!

文●森井英朗 text by HIDEO MORII  チリの最南端、パタゴニア地方出身のコンポーザー/ギタリスト。近年受賞したアメリカでの2つの作曲賞をはじめ、国内外で多くのコンクールを受賞している。自作自演のギター独奏曲は超絶技巧の難曲から、パタゴニアの自然と静寂をあらわすような美しい名曲などバラエティに富んでいる。南米の激しいリズムと叙情的な旋律を融合させたスタイルでパラグアイの伝説的ギタリスト『アグスティン・バリオス』の後継者とも呼ばれている。2018年9月中旬に

[2019.04]アルゼンチンの天才ギタリスト フアンホ・ドミンゲス逝く!

[2019.04]アルゼンチンの天才ギタリスト フアンホ・ドミンゲス逝く!

文/写真●本田 健治 text & photos by KENJI HONDA  悲報。天才ギタリスト。フアンホ・ドミンゲスが亡くなった。身体の不調は何度か聞いていたし、10月にブエノスで開いた大きなイベントへの参加も当初は快諾してくれていたが、急に断ってきたから心配はしていた。しかし、その前後にはブエノスでの演奏スケジュールも入っていたから、敢えて聞くこともしていなかった。  家族の話では、10月のその時期に腎臓病を発症し、なんと腎臓移植をしたのだそう。その後は経過も