世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2016.05]アントニオ・ロウレイロとイシス・ヒラルド【新しい世界の作曲家 - フォーク…

文●高橋健太郎 text by KENTARO TAKAHASHI  昨年のアントニオ・ロウレイロの来日公演の打ち上げの席だった。アントニオと再会した僕は、彼にヘッドフ…

カタルーニャ音楽ディスクガイド

選・文●海老原弘子 texto por Hiroko Ebihara Judit Neddermann 『Nua』 (2018) ギター奏者パウ・フィゲラスがプロデュースを手掛けたサードア…

特集:日本の新しい室内楽2018 〜日本の新しい室内楽35選

選・文●花田勝暁(Ⓗ︎)、宮本剛志(Ⓜ)  ジャンルを超越した幅広い音楽的造詣とテクニックを持つ音楽家たちが、多様な編成のグループで、オリジナ…

[2017.11]ディエゴ・スキッシからタンゴに触れる聴き手のためのディスクセレク…

選・文 清川宏樹  前頁ではディエゴ・スキッシの音楽を古典タンゴの視点から捉えなおしてきたが、もちろん本稿の目的は、スキッシの音楽を聴くリスナ…

[2019.07]ますますおもしろいブラジル音楽新世代 MINAS GERAES

選・文●花田勝暁(編集部)  ミルトン・ナシメント、ロー・ボルジェス、トニーニョ・オルタらを輩出した1960年代末の「クルビ・ダ・エスキーナ」。そ…

特集:新しいダンス・ミュージック タンザニアと南アフリカのダンス・ミュージック

●続々と新しい音楽が生まれているアフリカ。音楽と同時に新しいダンスも開発されていき一緒に広まっていくのが面白い!中でも特にユニーク且つかっこい…

特集 新しいダンス・ミュージック 新しいレアグルーヴを求めて

●突飛な発想かもしれないが、何十年後かの未来で、新しいレアグルーヴ名盤になり得る近年の作品を選出。レアグルーヴは曖昧な言葉だが、ここでは、ジャ…

ZZK以降のエレクトリック・フォルクローレを知るための30枚 No.3

選・文●大石始、DJ Shhhhh、名倉和哉 Lagartijeando『El Gran Podor』(Wonderwheel/2017年) ■ラガルティヘアンドはゴタン・プロジェクトのリミッ…

ZZK以降のエレクトリック・フォルクローレを知るための30枚 No.2

選・文●大石始、DJ Shhhhh、名倉和哉 Cigarra『Ato』(Tropical Twista/2018年) ■ヴードゥーホップ一派の最新作。自分含め最初は皆、彼らを「スロ…

ZZK以降のエレクトリック・フォルクローレを知るための30枚 No.1

選・文●大石始、DJ Shhhhh、名倉和哉 V.A.『El Camino De Leda』(Fértil Discos/2019年) ■ニコラ・クルース以降を予感させるサン・イグナシオと…