世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2019.09]空間現代

[2019.09]空間現代

文●松山晋也 text by SHINYA MATSUYAMA  まだ8月ではあるが、空間現代の新作『Palm』は、今年出た日本のポップ・ミュージック・アルバム中最大の問題作の一つになるのかもしれない。スタジオ録音のフル・アルバムとしては『空間現代』(09年)、『空間現代2』(12年)に続いて7年ぶりの3作目。CDではなLPとデジタルによるリリースだ。  私は最初聴いた瞬間ツイッターに「トニー・コンラッドがモールス信号技師になったような……」とつぶやいてしまったのだが、ズ

1