マガジンのカバー画像

世界の音楽情報誌「ラティーナ」

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これか… もっと読む
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てア… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#高木慶太

[2022.1]2021年ブラジルディスク大賞 関係者投票①

※関係者投票の内容を五十音順でご紹介します。 (カタカナ表記のものは国内盤として発売されています) ●麻生雅人 3年目に突入したオンライン講座「ボサノヴァの裏道を巡る」では、「可哀そうな金持ち娘」全曲解説などヴィニシウス・ヂ・モライスをさらに掘り下げています。(お問い合わせは、Café y Libros :info@cafeylibros.com, tel:03-6228-0234) 2021年は例年よりも、圧倒的にソウル、R&B、ヒッポホップの候補作品が多かった。マジュ

スキ
13

[2021.1]2020年ブラジルディスク大賞 関係者投票①

※関係者投票の内容を五十音順でご紹介します。 (カタカナ表記のものは国内盤として発売されています) ●麻生雅人

スキ
6

[2020.01]2019年ブラジルディスク大賞 関係者投票(高木慶太)

●高木慶太プロフィール●DJ/選曲家/BGM屋 スポーツシーンでのDJ出演の機会が増えたことがトピック。野外で聴くブラジル音楽は格別です。

[2019.01]2018年ブラジルディスク大賞 関係者投票(高木慶太)

●高木慶太 プロフィール●DJ/選曲家/BGM屋 「21世紀ブラジル音楽ガイド」への寄稿を通じて00年代作品の再発見、再評価に夢中になった2018年でした。

[2018.01]2017年ブラジルディスク大賞 関係者投票(高木慶太)

●高木慶太 プロフィール●DJ・選曲家・BGM屋。人生何度目かのアナログ熱が冷めぬどころか絶賛炎上中。ブラジルのポストパンクが目下の好物。