世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2014.04]京谷弘司インタビュー|ティピカ東京、そしてピアソラとの出会い……
「タンゴの垢」を身につけたマエストロ

[2014.04]京谷弘司インタビュー|ティピカ東京、そしてピアソラとの出会い…… 「タンゴの垢」を身につけたマエストロ

文●鈴木多依子 texto por TAEKO SUZUKI 本記事は月刊ラティーナ2014年4月号に掲載された記事です。 ◉東京タンゴ祭 2021 スペシャル 現在の日本タンゴ界を支えている4つのグループと歌手たちが出演! ■HP http://www.campeonatoasiatico.com/wp_tf/ ■2021年7月2日(金) 16:30 開場 17:00 開演 ■料金 ¥4,800 全席指定(税込み) ■会場 渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール

スキ
3
[2021.05]小松亮太インタビュー② アルバム『ピアソラ:バンドネオン協奏曲 他』編

[2021.05]小松亮太インタビュー② アルバム『ピアソラ:バンドネオン協奏曲 他』編

文●吉村俊司  バンドネオン奏者・小松亮太氏へのインタビューの後編は、2021年5月5日発売の『ピアソラ:バンドネオン協奏曲 他』について。タイトル曲は2019年9月27、28日にすみだトリフォニーホールにてライブ録音されたもので、共演はミシェル・プラッソン指揮・新日本フィルハーモニー交響楽団。巨匠ミシェル・プラッソンの音楽の作り方からタンゴのあり方、日一日と失われゆくものへの抗いまで、今回の話も熱い。 小松亮太『ピアソラ:バンドネオン協奏曲 他』2012年5月5日(水)

スキ
11
[2021.03]コロナ禍に別れを告げるべく開催されたコロン劇場の歴史的コンサートの動画のすべて!!!

[2021.03]コロナ禍に別れを告げるべく開催されたコロン劇場の歴史的コンサートの動画のすべて!!!

文●編集部  このところピアソラの記事の掲載が多くなっているのは、今年生誕100年を祝うピアソラの誕生日が1921年3月11日で、しかも、この日を挟んで、コロン劇場でピアソラ100の歴史的イベントが開催されているため。今年は世界中でピアソラ100のイベントが開催されるので、編集部ではそれぞれのイベントに注目していく。  まず、上はPiazzollaの1983年のコロン劇場ライブ映像。ピアソラは、マル・デル・プラタで生まれ、幼少期にニューヨークに渡り、そこで父親がなけなしの

スキ
6
[2018.12]『ピアソラ 永遠のリベルタンゴ』(ダニエル・ローゼンフェルド監督作)偉大なる音楽家の真実と、父と子の儚い物語

[2018.12]『ピアソラ 永遠のリベルタンゴ』(ダニエル・ローゼンフェルド監督作)偉大なる音楽家の真実と、父と子の儚い物語

文●圷 滋夫 text by SHIGEO AKUTSU  アストル・パンタレオン・ピアソラ。本誌読者であれば、彼の音楽については多くを語る迄もないだろう。タンゴの革命児にして、史上最高のバンドネオン奏者、そして偉大な作曲家でもある。しかしこの映画では、たとえ彼の熱心なファンでも驚くような真実を、様々な視点から見る事が出来る。  本作は没後25周年の昨年、母国アルゼンチンで開催された回顧展に合わせて制作されている。監督はブエノスアイレス生まれで幼い頃からピアソラの音楽に