世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2018.08]特集:日本の新しい室内楽2018 〜日本の新しい室内楽35選

選・文●花田勝暁(Ⓗ︎)、宮本剛志(Ⓜ)  ジャンルを超越した幅広い音楽的造詣とテクニックを持つ音楽家たちが、多様な編成のグループで、オリジナルで自由な音楽を追求し、それぞれのアンサンブルを深化/進化させ、東京から新しい室内楽的アンサンブルを生んでいる──  約3年ぶりの「日本の…

[2020.02]学生時代から 音楽の魔法で繋がる2人の才能 石若 駿 × 角銅…

文●土佐有明 text by ARIAKE TOSA ●角銅真実(シンガーソングライター/打楽器奏者)  長崎県生まれ。東京藝術大学 音楽学部 器楽科 打楽器専攻 卒業。マリンバをはじめとする多彩な打楽器、自身の声、言葉、オルゴールやカセットテープ・プレーヤー等を用いて、自由な表現活動を国内外で展開中。自…

[2018.08]特集:日本の新しい室内楽2018 対談 石若駿×ブライアン・ブレ…

文●編集部 text by LATINA  世界最高峰のドラマーとしてウェイン・ショーターやジョニ・ミッチェルとの活動で知られるブライアン・ブレイド。彼はフェローシップという自身のグループなどでも確かな評価を得るソングライターでもある。対するは若くして日本を代表するドラマーになりつつある石若駿…

[2018.08]特集:日本の新しい室内楽2018 角銅真実

文●宮本剛志 text by TAKESHI MIYAMOTO  石若駿のSongbook Trioでの歌唱やceroのサポートで知られる音楽家、⻆銅真実だが、自身の活動では音楽と美術のちょうど間のような作品を発表しソロとしても注目されている。新作はSongbook Trioそして、⻆銅真実とタコマンションオーケストラでも録音されて…

[2017.10]東京塩麹〜「東京発ミニマル・ミュージック・オーケストラ」

文●高橋健太郎  東京塩麹というミニマル・ミュージック・オーケストラが話題だ。東京芸大出身の額田大志のコンポジションを14人のミュージシャンで演奏したアルバム『FACTORY』は、ミニマルな手法で現代の音楽ジャンルを横断。フレッシュな世代感を漂わせたポップ・ミュージックとしても聴ける。ド…