世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2020.11]手塚るみ子【特集 私の好きなアジア映画】

[2020.11]手塚るみ子【特集 私の好きなアジア映画】

選・文●手塚るみ子 アジア映画に対して思うところ  アメリカやヨーロッパには描けない、アジア独自の文化や風俗、宗教観や美徳から生まれる作品がある。残酷さを表す所作ひとつとっても違うだろう。ものの哀れが描ける。そして妖精ではなく妖怪を導き出せる空想力が独特のリアルとファンタジーのマッシュアップを創るのではないかと思う。 是枝監督の『万引き家族』がカンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞し、ポンジュノ監督の『パラサイト~半地下の家族』がアカデミー賞はじめ各国の映画祭で数々受賞す

スキ
5