世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2021.03]連載 レオナルド・ブラーボ【リズムで旅するアルゼンチン音楽 タンゴ編

[2021.03]連載 レオナルド・ブラーボ【リズムで旅するアルゼンチン音楽 タンゴ編

文:レオナルド・ブラーボ Text By Leonardo Bravo タンゴ: 歴史 1880年: 始まり 1900年: グアルディア・ビエハ / 最初のタンゴ 1920年: オルケスタ・ティピカ / カルロス・ガルデル 1940年: グアルディア・ヌエバ/ アニバル・トロリロ 1960年: 革命 /アストル・ピアソラ 現在: タンゴブーム/ 発展  本シリーズで6回においてアルゼンチンポピュラー音楽を紹介してきた。一地域の音楽ではなく、ブエノスアイレスと

スキ
11
[2021.02]連載 レオナルド・ブラーボ【リズムで旅するアルゼンチン音楽 パタゴニア編

[2021.02]連載 レオナルド・ブラーボ【リズムで旅するアルゼンチン音楽 パタゴニア編

文●レオナルド・ブラーボ text by Leonardo Bravo  パタゴニアはアルゼンチンで最も広大かつ人口の少ない地域。この広大な土地は1880年、政府軍はインディヘナの大半を抹殺した「荒野の征服」を経てアルゼンチンの領土に加えられた。  インディヘナの消滅によって文化的・音楽的表現もほとんどが消滅にいたった。今日パタゴニアのインディヘナは他州からの移住者がほとんどで、極わずかな人数にまで減ってしまい、パタゴニア音楽は研究の余地が大いにある。パタゴニア音楽の起源

スキ
10
[2021.1]連載 レオナルド・ブラーボ【リズムで旅するアルゼンチン音楽⑤クージョ地方編】

[2021.1]連載 レオナルド・ブラーボ【リズムで旅するアルゼンチン音楽⑤クージョ地方編】

文●レオナルド・ブラーボ Text By Leonardo Bravo  クージョ地方はアルゼンチン西部サンフアン州、メンドーサ州、サンルイス州を含む。地理的には南米大陸最高峰アコンカグア(6960メートル)など、アンデス山脈から荒野まで多様性に富む。ワインの産地としても知られ、クージョ地方の多くの歌詞がブドウ畑やワインをとりまく世界に捧げられているのも特徴となっている。 南米大陸最高峰アコンカグア山(6960メートル)  クージョ地方の音楽のルーツはスペインにあり、

スキ
10
[2020.11]連載 レオナルド・ブラーボ【リズムで旅するアルゼンチン音楽④リトラル地方編】

[2020.11]連載 レオナルド・ブラーボ【リズムで旅するアルゼンチン音楽④リトラル地方編】

 リトラル地方はアルゼンチン北東部に位置する。川、瀑布、湿原、ジャングルといった雄大な自然が広がり、南米大陸でアマゾン川に次いで長いパラナー川がリトラル地方のすべての中心に横たわる。この川がすべての風景の中心となり、居住者に強い影響を及ぼす。  この地方の音楽は先スペイン期のグアラニー文化、イエズス会のミッションによってもたらされたヨーロッパ文化の二つの文化に端を発する。今日でもスペイン語とグアラニー語が公式言語として大部分で認められている地域でもある。 ●グアラニー

スキ
12
[2019.10]フォルクローレ、フラメンコ、クラシック…

多様なバックボーンを持つ

もっとも期待される若手ギタリスト 菅沼聖隆

[2019.10]フォルクローレ、フラメンコ、クラシック… 多様なバックボーンを持つ もっとも期待される若手ギタリスト 菅沼聖隆

文●徳永伸一郎 text by SHIN-ICHIRO TOKUNAGA  2012年、ギタリスト智詠氏とのデュオ「Masa & Chiei」として16歳で衝撃的なCDデビューを果たした若きギタリスト、菅沼聖隆(すがぬま・まさたか)のその後を御存知だろうか。高校卒業後は、フォルクローレ、フラメンコと共に取り組んできたクラシックギターの修行の為、セビーリャ高等音楽院に留学。すでに数々のコンクールで優秀な成績を収めており、将来がもっとも期待される若手ギタリストの筆頭だ。このほど

スキ
1