世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2021.03]【連載 アルゼンチンの沖縄移民史④】アルゼンチンでの生活

[2021.03]【連載 アルゼンチンの沖縄移民史④】アルゼンチンでの生活

文●月野楓子  1908年に日本を出発した第一回ブラジル移民のコーヒー耕地での生活は、彼らが当初思い描いていたようなものではなかった。そのため、配属された農地を後にし、よりよい労働条件や新たな仕事を求めて移動する人びとが後を絶たなかった。前回書いたように、笠戸丸移民のうち、1年後にも耕地に残っていたのは781名中僅か191名に過ぎない。  コーヒー耕地を出た移民たちは、港へ向かった。港は自分たちが乗ってきた船が着いた場所であり、また、他の場所へ向かうことのできる出口でもあ

13