世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2018.09]映画評 『 顔たち、ところどころ 』

[2018.09]映画評 『 顔たち、ところどころ 』

文●圷 滋夫 text by SHIGEO AKUTSU  ヌーヴェル・ヴァーグの、そして女流監督の先駆的存在で、フランスを代表する映画監督のアニエス・ヴァルダ。グラフィティ出身で後に写真を始め、写真のイメージを遥かに超えたスケールの大きな作品を屋外に生み出すフランス人アーティストJR(ジェイアール)。二人が出会い、そして二人で創り上げたドキュメンタリーが本作で、カンヌ国際映画祭ドキュメンタリー賞を受賞した他、世界中で高い評価を得ている。 © 2017 Sony Pict