世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2018.05]特集:中南米を旅する 直観を研ぎ澄ます旅 YOSHITAKE E…

YOSHITAKE EXPE(ヨシタケエクスペ)未来派ギタリスト 南米ツアーでは個性的な音楽性がモノ・フォンタナ、フラノフ兄弟、マルコス・スザーノ達に絶賛された。www.nuexpe.com  中南米の音楽はとても魅力的だ。とりわけブラジル音楽とアルゼンチン音楽は僕にとって底の無い玉手箱のように、様々な次元…

[2018.05]特集:中南米を旅する 打楽器の街 (佐藤仙人文弘)

佐藤仙人文弘SATO SENNIN FUMIHIRO音大を辞め、中南米とヨーロッパを音楽修行の為回る。スペインにてDGカホン社長の目に止まりエンドースプロとしての活動をスタートする。現在LA SEÑAS代表として国内外で活動している。http://lasenas.com  初めてアルゼンチンに訪れたのは2013年7月。街には常…

[2018.05]トローバ国際音楽祭とキューバ旅 マコト(ドス・ソネス・デ・コラソネス) …

マコト(ドス・ソネス・デ・コラソネス) MAKOTO (Dos Sones Des Corazones) ラテンボーカルキューバ音楽ソンやトローバを歌うスペイン語ボーカル。18年間計22回キューバの国際音楽祭へ招聘参加。https://chekere.exblog.jp  この3月にキューバのサンティアゴ・デ・クーバ市で行われたトローバ国際音…

[2018.05]特集:中南米を旅する ペルー アンデスへの旅(笹久保 伸)

笹久保 伸 SHIN SASAKUBOギタリスト近年はアイデンティティに対峙するアート活動を展開している。http://shin-sasakubo.com 「旅」と言っても人それぞれの旅がある。自分はお世辞にも「旅が好き!」と言えないくらい旅が苦手なのだが、音楽家の場合行かないといけない理由が出てくる。留学、演奏活…

[2018.05]特集:中南米を旅する 気取らない国 ウルグアイへの旅 (ヤヒロ トモヒロ)

ヤヒロ トモヒロ TOMOHIRO YAHIROパーカッショニスト毎年、南米出身の音楽家を日本に招き、自らの音楽の探求と南米の音楽を日本に紹介し続けている。www.tomohiro-yahiro.com 

[2018.05]特集:中南米を旅する 徒然南米行脚の思い出 小松亮太

 ブエノスアイレスへの豊富な留学経験をもつ若いバンドネオン奏者が、「日本人と韓国人と中国人は同じ言語を話しているのだと思っていた」と現地の友人に打ち明けられて驚いたと言っていた。まああれだけ多くの国々のすべてでスペイン語が通じてしまう環境下(ブラジルでもスペイン語はほとんど通じる…

[2018.05]特集:中南米を旅する 私の内側にあった小さな音楽が 爆発した日(五十嵐あ…

五十嵐あさかASAKA IGARASHIチェロ奏者/作編曲家チェロ無伴奏の自作曲ライヴを定期的に開催asakaigarashi.com 『エクアドル?』ガサゴソ地図を広げ、赤道直下の国だと知った。  音大を卒業した翌年、弦楽器奏者6人で「日本とエクアドルの演奏家による合同演奏会」に出演するため初めてエクアドル…

[2018.05]特集:中南米を旅する 緩やかな時間の流れるところ (青木菜穂子)

青木菜穂子 NAOKO AOKI ピアニスト・作編曲家ブエノスアイレスで3年暮らし帰国後も度々渡亜celeste.phono.co.jp  タンゴをもっと知りたくてブエノスアイレスに住んでいた時に、アルゼンチン国内や隣国のウルグアイによく旅をしていました。⾏きづまるとふらりとどこかへ出かけたくなるのです。2005年…

[2018.05]特集:中南米を旅する -音楽家たちが見た中南米の景色- 南米で夢をみる(宮…

文と写真●宮沢和史 texto e fotos por KAZUFUMI MIYAZAWA プロフィール 1966年山梨県甲府市生まれ。THE BOOMのボーカリストとして1989年にデビュー。これまでにTHE BOOMとしてアルバムを14枚、ソロでは4枚、GANGA ZUMBAとしては2枚リリースしている。作家としても、喜納昌吉、矢野顕子、夏川りみ、…

[2018.05]特集:中南米を旅する (TOKYO SKA PARADISE…

インタビュー●中原 仁 texto por JIN NAKAHARA  89年にレコード・デビューした東京スカパラダイスオーケストラは、90年代初頭からヨーロッパ・ツアーを行ない、今世紀には北米やアジアに、10年代には中南米への進出も果たした。日本の中で最も海外での実績と評価が高いバンドのひとつであり、近年…