世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2018.11]『ガンジスに還る』 聖地での死と生に寄り添う歌 シュバシシュ・ブティアニ監督にきく

[2018.11]『ガンジスに還る』 聖地での死と生に寄り添う歌 シュバシシュ・ブティアニ監督にきく

文●松村 洋 text by HIROSHI MATSUMURA  ヒンドゥー教の聖地バラーナス(ヴァーラーナスィー、ベナレス)には、ここを死に場所と定めた多くの老人たちが集まって来る。ここガンジス河畔の聖域で死ねば、だれもが解脱を得られると信じられているからだ。  シュバシシュ・ブティアニ監督(1991年生まれ)の『ガンジスに還る』は、バラーナスで死を迎える人たちのための宿泊施設〝解脱の家〟にやって来た老人ダヤーナンド、彼に付き添う息子ラジーヴ、その妻と娘のそれぞれの思