世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2020.09]塩谷 哲の「人生を変えた3枚、1作、1冊」

[2020.09]塩谷 哲の「人生を変えた3枚、1作、1冊」

塩谷 哲●プロフィール  ピアニスト/作・編曲家/プロデューサー  東京藝術大学作曲科出身。在学中より10年に渡りオルケスタ・デ・ラ・ルスのピアニストとして活動(93年国連平和賞受賞、95年米グラミー賞ノミネート)、並行してソロアーティストとして現在まで12枚のオリジナルアルバムを発表する。自身のグループの他、小曽根真(p)との共演、佐藤竹善(vo)との”SALT & SUGAR”や上妻宏光(三味線)との”AGA-SHIO”の活動、リチャード・ストルツマン(cla)、渡辺

6
[2020.09]フェビアン・レザ・パネの「人生を変えた3枚、1冊」

[2020.09]フェビアン・レザ・パネの「人生を変えた3枚、1冊」

フェビアン・レザ・パネ●プロフィール  東京生まれ。父はインドネシア人、母は日本人。1983年東京芸術大学音楽学部作曲科卒。  ピアニストとして大貫妙子、小野リサ、川井郁子など幅広いジャンルのアーティストのサポート活動を長く行う一方、久石譲、千住明などの作曲家からの指名によるCMや映画音楽などのレコーディングにも数多く参加している。全曲オリジナル曲によるソロピアノのアルバム制作やライヴ活動も継続して行っていて、最新作は2018年リリースのライヴ・アルバム「Divine D

5
[2016.05]マリオ・ラジーニャ【新しい世界の作曲家 - フォークロア、プリミティブ、うた、器楽、革新 -】

[2016.05]マリオ・ラジーニャ【新しい世界の作曲家 - フォークロア、プリミティブ、うた、器楽、革新 -】

マリオ・ラジーニャ(Marío Laginha) ●プロフィール 1960年、ポルトガルのリスボン生まれ。ポルトガルで最もクリエイティブな活動を行っていると認められているピアニスト/作曲家。ポルトガルのジャズ・シンガーのマリア・ジョアンのピアニストとしても知られる。 『Ao Vivo No Auditório Ibirapuera』(2013) Q1.どういう音楽を聴いて育ったんですか。特に好きだった作曲家や演奏家はいますか。 A1. クラシックとブラジル音楽を聴いて

3
[2017.04]【第3回
カンツォーネばかりがイタリアじゃない】ルドヴィコ・エイナウディ:
ピアニストの宇宙

[2017.04]【第3回 カンツォーネばかりがイタリアじゃない】ルドヴィコ・エイナウディ: ピアニストの宇宙

文● 二宮大輔 Ludovico Einaudi  私の行きつけの喫茶店では、地元京都のミュージシャンのCDが店内BGMとしてかかっている。中でも人気は、インディーズのロックバンドでキーボードを担当しているYatchiのソロ・アルバム「Metto Piano」だ。ピアノやキーボードの一発録音で構成されたこのCDをかけると、一見客からも「これは誰の曲ですか?」と尋ねられることがよくあると喫茶店のマスターが言っていた。アルバムの題名は「目とピアノ」をイタリア語風に言い換えたも

[2017.02]アンドレ・メマーリ─「作曲」と「即興」。音楽における最も大切な
2つの側面がこのアルバムで並立している

[2017.02]アンドレ・メマーリ─「作曲」と「即興」。音楽における最も大切な 2つの側面がこのアルバムで並立している

文●花田勝暁  texto por KATSUAKI HANADA  ブラジルが生んだ現代最高のピアニストと讃えられるアンドレ・メマーリ。近年は、作曲家/アレンジャーとしても、最高の仕事を残し続ける彼が、彼のレギュラーのピアノ・トリオの面々と12月に来日した。コントラバスのネイマール・ヂアスとドラムのセルジオ・ヘジの2人とのトリオだ。  愛知、岡山、東京の全日程3公演を終えた翌日のアンドレ・メマーリに、今回のツアーと、最新作となるアントニオ・ロウレイロとのデュオ作『メマー