世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2018.12]島々百景 #34 小浜島

[2018.12]島々百景 #34 小浜島

文と写真:宮沢和史  沖縄の三線という楽器は琉球古典音楽・舞踊、組踊、琉球芝居、エイサー、民謡、に欠かすことのできない伴奏楽器であり、かつては沖縄の魂と称され、日本の刀にも並ぶほどの大切な家宝でもあった。棹の部分はリュウキュウコクタン(くるち)、特に八重山地方のくるちが最良の材木とされていて、チーガと呼ばれる胴の部分は県産の木材、表裏にはニシキヘビの皮をきつく張り、あのなんとも言えない風情ある音を奏でる。同じ弦楽器で同じく弾くように演奏するギターと同様に音の立ち上がりは早い

スキ
2