世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2018.11]マリ・カルクン エストニアの伝統楽器と表情豊かな歌で
南エストニアの自然と伝統の素晴らしさを伝える

[2018.11]マリ・カルクン エストニアの伝統楽器と表情豊かな歌で 南エストニアの自然と伝統の素晴らしさを伝える

文●おおしまゆたか text by YUTAKA OSHIMA  エストニアは古くて新しい。国としては1918年にできた、というので今年100周年。御祝に世界各地でイベントを展開している。今回の「エストニア音楽祭」もその一環。優れたデザイナーもたくさんいるそうで、テキスタイルとジュエリーのデザイナーが三人、いずれも女性がライヴに先立って紹介され、作品が会場で即売されていた。一方、土着楽器の代表カネレ(kannel)は二千年の歴史がある由。これはフィンランドのカンテレと同じツ

2