世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2021.06]ラティーナ流 おいしいワールド・レシピ⑪ パラグアイのエンパナーダを餃子の皮で〜Empanada Paraguaya〜

[2021.06]ラティーナ流 おいしいワールド・レシピ⑪ パラグアイのエンパナーダを餃子の皮で〜Empanada Paraguaya〜

レシピ提供と写真●ルシア塩満  本エントリーは、6/30(水)からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。  本連載の第一回目ではアルゼンチンのエンパナーダを紹介しました。  南米各国で食べられているエンパナーダは、国によって具材等が異なり、とても奥が深いです。今回は、パラグアイ・アルパ奏者のルシア塩満さんから、パラグアイのエンパナーダのレシピを教えてもらいました。本来なら生地から作るそうですが、本業のアルパの演奏で手を酷使されていて生地か

スキ
8
[2021.02]斎藤充正、アルゼンチン・ステーキを焼く

[2021.02]斎藤充正、アルゼンチン・ステーキを焼く

文と写真●斎藤充正 [著者プロフィール] 斎藤充正 1958年鎌倉生まれ。第9回出光音楽賞(学術研究)受賞。アメリカン・ポップスから歌謡曲までフィールドは幅広い。世界のピアソラ・ファンがピアソラのバイブル本として認めている『アストル・ピアソラ 闘うタンゴ』の著者であり、ピアソラに関する数々の執筆や翻訳、未発表ライヴ原盤の発掘、紹介などまさにピアソラ研究の世界的第一人者。  アルゼンチンといえば牛肉。ブエノスアイレスに行けばレストランでアサードを食べるのは日常的なことだった

スキ
10
[2009.10]おうちでラめし エンパナーダ

[2009.10]おうちでラめし エンパナーダ

本稿は、月刊ラティーナ2009年10月号に掲載されたものです。 奥深いラテンアメリカ各国の料理を 自宅で味わおう、というその名も「おうちでラテンめし」。 本日のメニューは…… アルゼンチン風ミートパイ エンパナーダ  「おうちでラめし」の4回目はアルゼンチン風ミートパイ、エンパナーダをご紹介します。  アルゼンチンは移民の国で、スペイン系、イタリア系の移民が数多くいる国。なので、パスタやピザ、スペイン風のオムレツなどは多くのレストランで見かけます。それから「パンパ」で

スキ
6