世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2019.03]映像は踊る 3本のドキュメンタリー映画 『セメントの記憶』『あまねき旋律』…

文●圷 滋夫 text by SHIGEO AKUTSU  映画は、映像と音で構成される。その音には台詞や環境音、音楽などが含まれ、中には音楽がとても豊かで重要な役割を果たす作品がある。ここで紹介する3本のドキュメンタリーもそんな作品で、いずれも〝ダンス〟を感じさせる内容だが、そのアプローチについては…

[2019.03]時をゆく祈り、太鼓に響ませ 〜映画『盆唄』が描いたもの〜

文●安東嵩史 text by TAKAFUMI ANDO  2月15日に封切られた中江裕司監督の最新作『盆唄』は、かつて福島県からハワイへと渡った移民の歴史を追いながら、現在、東日本大震災に伴う原発事故で避難区域となっている福島県双葉町の盆踊りに関わる人々へと大きく視座を移して展開される異色作だ。これま…