世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2021.06]【TOKIKOの 地球曼荼羅 ⑪】モンスーン、震えるアジア

[2021.06]【TOKIKOの 地球曼荼羅 ⑪】モンスーン、震えるアジア

文●加藤登紀子 ※こちらの記事は、6/16からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。 ❶ 6月の雨、降り続けてる  アジアでの歴史の大きな波がなぜ6月なのか、モンスーンの嵐の中に、民衆の叫びが聞こえてくるようで、「モンスーン」という歌を作詞作曲しました。  「東京、北京、ホーチミン、バンコック、沖縄、マニラ、ヤンゴン...。6月の雨、降り続けてる、過去のページを開けたまま」  忘れがたい歴史の日付け、といえばまず、1989年6月4日、北京

8
[2021.04]加藤登紀子 ビルボードライブ横浜ライブレポート

[2021.04]加藤登紀子 ビルボードライブ横浜ライブレポート

文●東 千都(ラティーナ編集部)  写真提供●(株)トキコプランニング  3/30(火)ビルボードライブ横浜で加藤登紀子のライブが開催された。  黒い衣装で統一したサポートメンバーに続き、大きな拍手に迎えられ加藤登紀子もステージに登場。メンバーと同じく黒で、赤の模様が入ったドレス、ステージ後方もドレスと同じ色調となり、鬼武のピアノが始まる。映画『紅の豚』の挿入歌であるシャンソンの名曲「さくらんぼの実る頃」からライブはスタート。さすがキャリア55年を越えるベテラン歌手、ステ

17