世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2021.04]加藤登紀子 ビルボードライブ横浜ライブレポート

[2021.04]加藤登紀子 ビルボードライブ横浜ライブレポート

文●東 千都(ラティーナ編集部)  写真提供●(株)トキコプランニング  3/30(火)ビルボードライブ横浜で加藤登紀子のライブが開催された。  黒い衣装で統一したサポートメンバーに続き、大きな拍手に迎えられ加藤登紀子もステージに登場。メンバーと同じく黒で、赤の模様が入ったドレス、ステージ後方もドレスと同じ色調となり、鬼武のピアノが始まる。映画『紅の豚』の挿入歌であるシャンソンの名曲「さくらんぼの実る頃」からライブはスタート。さすがキャリア55年を越えるベテラン歌手、ステ

17
[2020.08]【TOKIKOの 地球曼荼羅①】ロシアの歴史から生まれた歌

[2020.08]【TOKIKOの 地球曼荼羅①】ロシアの歴史から生まれた歌

文●加藤登紀子  生まれた時からロシア音楽があった!  それが私とロシアの歌との深い深い縁(えにし)です。  なぜかというと、私の生まれたハルビンは、帝政ロシア時代に極東のパリという触れ込みでロシアが中国東北部に建設した美しい町で、1917年のロシア革命後にたくさんのロシア人が移住してきていました。1929年に19歳だった父はこの街の「ハルビン学院」という大学に入学、ロシア語とロシア文化を学んだのですが、なによりもロシア民謡の魅力に取り憑かれ、歌手にはならなかったけれど、死

5