世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2017.08]特集 編曲する女性たち|加藤真亜沙×挾間美帆 対談 - NYで活動する2人の才媛

[2017.08]特集 編曲する女性たち|加藤真亜沙×挾間美帆 対談 - NYで活動する2人の才媛

 マリア・シュナイダーの来日期間、小春日和のNY。その現地シーンの中で確実に存在感を示している2人の女性ジャズ作編曲家による対談が行われた。 ■2人の出会い 加藤真亜沙 出会いは4年前ぐらい。最初はJPジョフレのギグとかで会わなかったっけ? 挾間美帆 そうだね。私それまで正直、真亜沙のこと知らなくて。JPのギグでピアノ弾いてるのを観て、あっ日本人だって思ったのが一番最初かな。

[2017.08]特集 編曲する女性たち | マリア・シュナイダー・インタビュー “南米では、音楽は人生のメイン・コースです”

[2017.08]特集 編曲する女性たち | マリア・シュナイダー・インタビュー “南米では、音楽は人生のメイン・コースです”

文と写真●常盤武彦 text & photos by TAKEHIKO TOKIWA 協力●平間 久美子 (2015年9月5日デトロイト・ジャズ・フェスティヴァルに於いて) マリア・シュナイダー■アメリカ合衆国ミネソタ州出身の作曲家/編曲家。ギル・エヴァンスにアレンジャーとして弟子入り後、ボブ・ブルックマイヤーのもとでも学んだ。1993年にマリア・シュナイダー・ジャズ・オーケストラ(現在はマリア・シュナイダー・オーケストラと改名)を結成し、現在まで率いている。今年の6月に