世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2021.04]4月25日は、ジョタ・クエストの代表曲「Fácil」を紹介【ブラジル音楽の365曲】[4/19〜4/25]

[2021.04]4月25日は、ジョタ・クエストの代表曲「Fácil」を紹介【ブラジル音楽の365曲】[4/19〜4/25]

面白くてタメになる1日5分の音楽鑑賞「ブラジル音楽の365曲」[4/19〜4/25] 文:花田勝暁(編集部)  3月1日から「ブラジル音楽の365曲」をスタート。  ブラジル音楽やブラジル文化についての情報を盛り込んで、面白くてタメになる1日5分の音楽鑑賞の場を提供できたらと思っています。毎日更新で、この投稿から8週間目に入ります。  平日は、毎日午前中の更新を予定しています。休日分は、遅い時間のこともあるかもしれませんが、ご容赦ください。 先週の分↓ 4月25日。「

スキ
15
[2021.03]ブラジル音楽の365曲[3/8〜3/14]

[2021.03]ブラジル音楽の365曲[3/8〜3/14]

面白くてタメになる1日5分の音楽鑑賞「ブラジル音楽の365曲」[3/8〜3/14] 文:花田勝暁(編集部)  3月から「ブラジル音楽の365曲」をスタートしました。  ブラジル音楽やブラジル文化についての情報を盛り込んで、面白くてタメになる1日5分の音楽鑑賞の場を提供できたらと思っています。平日は、毎日午前中の更新を予定しています。 ※こちらの記事は、3/15からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。 3月14日。「Um A Zero」

スキ
13
[2021.03]ブラジル音楽の365曲[3/1〜3/7]
+7

[2021.03]ブラジル音楽の365曲[3/1〜3/7]

面白くてタメになる1日5分の音楽鑑賞「ブラジル音楽の365曲」[3/1〜3/7]  文:花田勝暁(編集部)  3月1日から「ブラジル音楽の365曲」をスタートしました。  ブラジル音楽やブラジル文化についての情報を盛り込んで、面白くてタメになる1日5分の音楽鑑賞の場を提供できたらと思っています。平日は、毎日午前中の更新を予定しています。 ※こちらの記事は、3/8からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。 3月7日。「Andança」

スキ
41
[2020.11]パウリーニョ・ダ・ヴィオラ〜新作と人生と創作について語る1万字独占インタビュー〜

[2020.11]パウリーニョ・ダ・ヴィオラ〜新作と人生と創作について語る1万字独占インタビュー〜

文● Diego Muniz 訳●花田勝暁 ブラジル音楽の世界でもっとも偉大な音楽家の1人、パウリーニョ・ダ・ヴィオラが初のデジタル・アルバムをリリースした。1万2千字を越える貴重な独占インタビューで、新作と人生、創作、訪日について語る。  パウリーニョ・ダ・ヴィオラは、ゆっくりとデジタルの世界に到着しました。2017年にFacebookとInstagramで自身のアカウントを開設した後、 ごく最近Twitterにアカウントを開設。そして、78歳で、デジタルプラットフォー

スキ
10
[2017.09]ショーロクラブ8年ぶりの新作『música bonita』─ Saigenjiによるインタビユー ─

[2017.09]ショーロクラブ8年ぶりの新作『música bonita』─ Saigenjiによるインタビユー ─

文●Saigenji  風通しの良さは、懐の深さに繋がっていく。  28年目のショーロクラブの新譜『Música Bonita(ムージカ・ボニータ)』から受けた印象はそれだ。  高校生の時にファーストアルバムで衝撃を受け、後年仕事として音楽の世界に飛び込んでからは、心から尊敬する大先輩たちであり、本当の「オリジナル」なインストゥルメンタルミュージックの日本における先駆者であるショーロクラブの御三方とのインタビューは、こちらのそこはかとないキンチョーをよそに、文字通り抱腹