世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2018.02]2本のドキュメンタリー映画『苦い銭』『サファリ』から読み解く、
決して交わることのない2つの世界

[2018.02]2本のドキュメンタリー映画『苦い銭』『サファリ』から読み解く、 決して交わることのない2つの世界

文●圷 滋夫 text by SHIGEO AKUTSU 苦い銭 近々公開されるドキュメンタリー映画『苦い銭』と『サファリ』は全く真逆の世界を描きながら、鑑賞後には頭の中でディストピア感がモヤモヤと渦巻いて何とも言えない苦い思いが残るという点で表裏一体の作品だ。またその映画的手法にも共通するものがある。まず創り手が対象に向かって積極的な働きかけをする事は無く(『サファリ』にはQ&AのAの部分が映し出されるが何かに誘導するような文脈ではない)、まるで第三者が観察をしているよう

スキ
1