世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2018.05]特集:中南米を旅する 徒然南米行脚の思い出 小松亮太

ブエノスアイレスへの豊富な留学経験をもつ若いバンドネオン奏者が、「日本人と韓国人と中国人は同じ言語を話しているのだと思っていた」と現地の友人に…

[2018.01]久石 譲×三浦一馬が 探求するバンドネオンの新しい可能性

文●小沼純一 text by Jun-ichi Konuma  去る10月24〜25日、バンドネオン奏者・三浦一馬は、久石 譲の新作を初演した。「MUSIC FUTURE」は、久石譲が…

4度目のツアーを前に HAYAKAWA TERUGGI TRIO の3人に訊く

文●鈴木一哉 text by KAZUYA SUZUKI  巨匠フアン・ホセ・モサリーニの門下生としてパリで出会った3人、バンドネオンの早川純、コントラバスのレオナ…

鈴木崇朗クアルテート 純粋にタンゴ性を追求し録音したアルバムが完成

文●鈴木一哉 text by KAZUYA SUZUKI  バンドネオン奏者・鈴木崇朗が自身のクアルテートを率いて初録音となるアルバムをリリースする。吉田篤 (ヴァ…

ストウ・タンゴ・フェスティバル2019 レポート

文●仁詩 text by HITOSHI  バンドネオン奏者の仁詩です。今年の8月6日~8月18日までの約2週間、アメリカ・バーモント州のストウ市で行われた、スト…

[2020.01]仁詩 タンゴの枠を飛び越え、 多彩な表現で魅せるバンドネオン奏者

文●渡部晋也 text by SHINYA WATABE  楽器の中にはジャンルと対にされやすいものがある。ドイツ生まれの蛇腹を持った楽器、バンドネオンなどはその…

[2020.01]ニコラス・エンリッチ(キンテート・グランデ バンドネオン奏者) インタビ…

文● 清川宏樹 text by HIROKI KIYOKAWA  タンゴファンにとって年に1度の大きな楽しみである民音タンゴシリーズも、本年で51回目を迎える。毎年アル…

連載 小松亮太のタンゴ場外乱闘 #12(最終回) だからタンゴってやつは

文●小松亮太 text by RYOTA KOMATSU  先月号の本コラムについて本誌スタッフの坂本 悠さんから「なぜタンゴは思うように広まらないのか、ちょうど思…

[2017.05]連載 小松亮太のタンゴ場外乱闘 #11 亡き義父からの衝撃のメッ…

文●小松亮太 text by RYOTA KOMATSU  早いものでこの連載もあと二回で終了だ。何しろタンゴ・ファンは絶対数が少ないので、タンゴをあまり知らない…

[2017.04]連載 小松亮太のタンゴ場外乱闘 #10 バンドネオンは罪作り

文●小松亮太 text by RYOTA KOMATSU  だからといってタンゴは安泰だと言う気は微塵もないけれど、とにかく日本ほどドラマや映画のサウンドトラック…