世界の音楽情報誌「ラティーナ」

小松亮太インタビュー (1) 著作「タンゴの真実」編

 文●吉村俊司  ピアソラ生誕100周年というタンゴ界にとってひとつの節目の年である今年、著書『タンゴの真実』を発表し、またアルバム『ピアソラ:バンドネオン協奏曲 他』のリリースを控える小松亮太氏にお話を伺った。  白状しておくとこのインタビュー、当初はアルバムについて語っていただ…

[2016.06]連載 小松亮太のタンゴ場外乱闘 #1 編曲残酷物語

文●小松亮太 text by RYOTA KOMATSU  小松亮太さんの著書『タンゴの真実』が発売されたことを記念して、過去の月刊ラティーナに連載した記事を掲載致します。  「30歳代近辺の読者と年齢も近く、実力も知名度もある亮太さんにぜひ新連載を」というお話をいただいた。タンゴに纏わる、なるべく今…

[2016.07]連載 小松亮太のタンゴ場外乱闘 #2 昔よりも現在の方がずっといいことだっ…

文●小松亮太 text by RYOTA KOMATSU  小松亮太さんの著書『タンゴの真実』が発売されたことを記念して、過去の月刊ラティーナに連載した記事を掲載致します。  早くも連載第2回目である。さあどうしよう。人というものは現在の話題に惹かれるものなのだし、僕だって昔話しかできないタンゴ・マニ…

[2016.08]連載 小松亮太のタンゴ場外乱闘 #3 東京バンドネオン倶楽部の軌…

文●小松亮太 text by RYOTA KOMATSU  小松亮太さんの著書『タンゴの真実』が発売されたことを記念して、過去の月刊ラティーナに連載した記事を掲載致します。  ときどき音楽やスポーツなどのエンターテイメントの世界で「プロ意識」とかいう格好のいい言葉を耳にするが、外部の人に「近寄りがた…

[2016.09]連載 小松亮太のタンゴ場外乱闘 #4 東京バンドネオン倶楽部の軌…

文●小松亮太 text by RYOTA KOMATSU  小松亮太さんの著書『タンゴの真実』が発売されたことを記念して、過去の月刊ラティーナに連載した記事を掲載致します。  東京バンドネオン倶楽部(以下TBC)の毎年の活動は、まず会場の確保から始まる。そもそも東京で土日または祭日の演奏会場を予約するこ…

[2016.10]連載 小松亮太のタンゴ場外乱闘 #5 小松亮太の最大の弱点とその…

文●小松亮太 text by RYOTA KOMATSU  小松亮太さんの著書『タンゴの真実』が発売されたことを記念して、過去の月刊ラティーナに連載した記事を掲載致します。  音楽に直接関わることなら寝食を忘れて頑張ることができる僕だが、苦手なことや興味がない事となると完全に馬耳東風モードとなって10…

[2016.11]連載 小松亮太のタンゴ場外乱闘 #6 キミは志賀 清を知っている…

文●小松亮太 text by RYOTA KOMATSU  小松亮太さんの著書『タンゴの真実』が発売されたことを記念して、過去の月刊ラティーナに連載した記事を掲載致します。  どうしても僕にはバンドネオンの説明をする際に、例の「悪魔が発明した楽器」うんぬんのキャッチフレーズを紹介する勇気がない。自分…

[2016.12]連載 小松亮太のタンゴ場外乱闘 #7 ジャンルも人も十人十色、 …

文●小松亮太 text by RYOTA KOMATSU  小松亮太さんの著書『タンゴの真実』が発売されたことを記念して、過去の月刊ラティーナに連載した記事を掲載致します。  この世界に長く身を置いていると、向こうから歩いてくる業界関係者の「種別」を大まかに判別できてしまう。アロハや口髭(ジャズ)、…

[1982.06]連載① アストル・ピアソラ物語〈青春時代〉

この記事は中南米音楽1982年6月号に掲載されたものです。 アストル・ピアソラは、1921年3月11日生まれ。ピアソラの生誕100年を記念し、当時の記事をそのまま掲載いたします。 本エントリーは、3/30(火)までは無料でお読みいただけます。3/31(水)からは、有料定期購読会員の方が読める記事になりま…

[1982.07]連載② アストル・ピアソラ物語 〈放浪の時代〉

この記事は中南米音楽1982年7月号に掲載されたものです。 アストル・ピアソラは、1921年3月11日生まれ。ピアソラの生誕100年を記念し、当時の記事をそのまま掲載いたします。 本エントリーは、3/30(火)までは無料でお読みいただけます。3/31(水)からは、有料定期購読会員の方が読める記事になりま…