世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2018.05]シルビア・ペレス・クルス カタルーニャの至宝 来日直前インタビュ…

— カタルーニャの現在 —  スペイン継承戦争でカタルーニャがスペイン軍の手に落ちたのは1714年のこと。以来300年間、カタルーニャ人はスペインと一線を画しながら、独自の文化・言語を守り続けてきました。独立問題で政治面ばかりのニュースが注目を浴びていますが、カタルーニャにはどのような音…

[2019.04]平成のワールドミュージック ⑥平成26年〜平成31年

●平成26年(2014年) ◆モニカ・サウマーゾの頂点というべき作品 『モニカ・サウマーゾ/コルポ・ヂ・バイリ』  モニカ・サウマーゾは1995年の『Afro-sambas』に始まり、2017年までの22年の間に自己名義のアルバムを11枚リリースしており、そのすべてのアルバムが最高のクオリティであるという驚…

[2019.01]2018年ベストアルバム コラム〜ベストライヴ2018〜

文●佐藤英輔 ●ライヴに目がない、音楽評論家。他の候補は、コンボ民主共和国のバロジ(3/22)フィンランドのアンティ・パーラネン、(5/23)、ロシアのオタヴァ・ヨ(6/28)、アイルランドのリアム・オメンリ-(7/31)、仏のマドレーヌ&ソロモン(9/28)等。ブログは、https://43142.diarynote.jp

[2018.07]神々しく、崇高な美しさ 〜シルビア・ペレス・クルス公演レポート〜

文●大石 始/写真●佐藤拓央 text by HAJIME OISHI / photos by TAKUO SATO  これほどまでに待ち望まれた来日公演も近年なかなかないだろう。本誌では2回に渡って興味深いインタビュー記事が掲載されたほか(どちらもインタビュアーは石郷岡学さん)、渡辺亨さん選曲の日本編集盤『Joia』もリリー…