ラティーナ|2017年12月号

19

[2017.12]NYに住み、八面六臂の活躍をして来た実力派ブラジル人ピアニスト─ エリオ・…

文●佐藤英輔  これまで、聞いたピアノ演奏で一番美的感覚に満ちていたいたものは? その問いに、ぼくは2015年9月のヴィニシウス・カントゥアリアの来日公演と答える。その時、ピアノを弾いていたのは、エリオ・アルヴェス。もうシルクの指さばきと言いたくなる指使いを介し、彼は目映い音珠を会…

[2017.12]伊東友子『エスペランサ』─ エリオ・アルヴェス・トリオとの録音を軸に、ダ…

文●中原 仁  94年に渡米し、ニューヨークを拠点にジャズ・シンガーとして活動してきた伊東友子(Yuko Ito)。その後ブラジル音楽に目覚め、2009年以降、ブラジリアン・ジャズ志向のリーダー作を2枚リリースし、ライヴ活動も積極的に行なっている。  最新のサード・アルバムが『エスペランサ…