ラティーナ|2017年2月号

24

アンドレ・メマーリ─「作曲」と「即興」。音楽における最も大切な 2つの側面がこのアルバムで並立している

文●花田勝暁 
texto por KATSUAKI HANADA

 ブラジルが生んだ現代最高のピアニストと讃えられるアンドレ・メマーリ。近年は、作曲家/アレンジャーとしても、最高の仕事を残し続ける彼が、彼のレギュラーのピアノ・トリオの面々と12月に来日した。コントラバスのネイマール・ヂアスとドラムのセルジオ・ヘジの2人とのトリオだ。

 愛知、岡山、東京の全日程3公演を終えた翌日のアンドレ・メ

もっとみる