ラティーナ|2018年3月号

23

[2018.03]【連載 ラ米乱反射 #143(最終回)】ラテンアメリカ走馬燈 夢か幻か、過ぎ去…

文●伊高浩昭(ジャーナリスト)  私は1967年2月、ノガレス国境を徒歩で通過して米国からメキシコに入った。その瞬間、脳裡で地図が逆転した。頭上遠く、南の彼方にパタゴニア、マゼラン海峡、ドレーク海峡、そして南極半島があった。3200㎞の米墨国境を底辺に、メヒコ、カリーベ、中米、南…