マガジンのカバー画像

Web版 2021年12月

17
2021年12月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するには定期購読マガジンの「ラティーナ」(月額… もっと読む
¥950
運営しているクリエイター

#沖縄民謡

[2021.12]【沖縄・奄美の島々を彩る歌と踊り17】 近代沖縄 芸能を地域に伝えた人物−玉城金三の活躍−

文:久万田晋(沖縄県立芸術大学・教授)  芸能は、時に異能を持つ人物の働きが、極めて広い範囲に影響を及ぼすことがある。戦前期に沖縄本島北部地域に様々な舞踊や芸能を伝えた玉城金三という人物がいる。玉城金三(1878年首里寒川生、1957年没)は、俗称を黄金山という。陸軍歩兵軍曹として日露戦争へ出征し、その後名護間切(現名護市)へ移住した。彼は明治・大正時代を通じて首里と那覇の街の中間にあった寒川芝居の役者としても知られていた。名護に移住後は一時期役者を廃業したと伝えられるが、

スキ
9

[2021.12]「沖縄からの風 コンサート2021」 ライヴレポート

文●東 千都 写真●ほりたよしか 写真提供●株式会社よしもとミュージック  朝晩冷えてくるようになった11/24、LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)で「沖縄からの風コンサート2021」が開催された。沖縄と深く関係する宮沢和史、夏川りみ、大城クラウディアの3人によるプロジェクト。沖縄民謡や、沖縄のポップス、そして彼らの持ち歌によるコンサートだ。  10/23に沖縄からツアーが始まり、今日の渋谷が7公演目である。コロナ禍で沖縄に行きづらい中、沖縄からの風を各地に届

スキ
19