見出し画像

[2019.05]欧米インディ・クラシック・ムーヴメントに対する日本からの回答TRIOLA『Chiral』

文●松山晋也

text by SHINYA MATSUYAMA

 石橋英子やジム・オルークを筆頭に、前野健太、倉地久美夫、折坂悠太など、うるさ型リスナーが多いクセモノたちの作品をヴァイオリンやヴィオラでサポートしてきた波多野敦子。自身でも4枚のソロ・アルバムを発表してきた彼女は、並行してトリオラ(TRIOLA)という弦楽デュオ・ユニットを率い、12年にはアルバム『Unstring,string』をリリースした。そして先月、7年ぶりの2作目『Chiral(キラル)』が出たのだが、これがもう、近年の欧米インディ・クラシック・ムーヴメントに対する日本からの回答とでも言うべきキレキレの作品に仕上がっている。

画像1

須原杏(左)と波多野敦子(右)

 当初はヴァイオリンの波多野とヴィオラの手島絵里子とのユニットとしてスタートしたトリオラだったが、この新作では波多野は主に5弦ヴィオラを弾き、手島から替わった須原杏がヴァイオリンを担当。そして石橋英子(Dr)、ジム・オルーク(B)、ジョー・タリア(Per)が一部で参加している。まずはトリオラ結成の経緯やメンバー交替などについて、波多野はこう説明する。

この続きをみるには

この続き: 1,669文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2019年5月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2019年5月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。