見出し画像

[2017.05]【連載 ラ米乱反射 #133】エクアドール次期大統領はレニーン・モレーノ 「市民革命」継続、南米右傾化食い止める

文●伊高浩昭(ジャーナリスト)

 エクアドール(赤道国)で2017年4月2日、大統領選挙決選投票が実施され、「21世紀型社会主義」と「市民革命」を掲げるラファエル・コレア現大統領(54)の後継候補レニーン・モレーノ元副大統領(64)が接戦を制し当選した。これにより2015年末から顕著になっていた南米政治の右傾化に歯止めがかかった。ラ米左翼・進歩主義陣営は、この決選を「天下分け目の戦い」と捉え、第2次世界大戦時のソ連での激戦「スターリングラードの戦い」になぞらえていた。左翼・進歩主義勢力は赤道国で踏ん張り、政治の保守・右翼化と新自由主義経済路線復活に待ったを掛けた。レニーンは5月24日、大統領に就任する。任期は4年。

▼相手は懲りない銀行家

 今選挙の第1回投票は2月19日、8人が出馬した。当選条件は過半数得票、もしくは得票率40%で2位に10ポイント差をつけること。レニーンは39・36%(371万票)で、わずかに40%に届かず、10ポイント差をつけながら決選での闘いを余儀なくされた。この国の人口は1661万人、有権者は在外同胞37万人を含む1281万人。投票率は81・63%と高かった。同時に実施された1院政の国会議員選挙でAPは定数137の過半数74を獲得した。「政府高官による租税回避地絡みの取引禁止」を目指す政策の是非を問う国民投票も併せて実施され、55%の賛成で承認された。

 レニーンは1998年に強盗に撃たれ脊髄を損傷、車椅子生活を続けてきた。不自由な毎日に何度も自暴自棄になったが、その都度思い留まり、身体障害者、社会福祉などの問題に取り組んだ。そんな姿に惹かれた若き政治家コレアは、2006年の大統領選挙出馬に際し、レニーンを副大統領候補に招いた。コレアの政党は「PAIS同盟」(AP)。PAISは「崇高で主権ある祖国」の頭文字。左翼、進歩的知識人、政治家、労働者、農民、先住民族、芸術家、商店主、中小企業家、若者、女性など広範な支持層の連合体だった。

 コレア・レニーン組は見事に当選、レニーンは政権発足時の07年から政権2期目終了時の13年まで6年間、副大統領を務めた。その間、12年には米州諸国機構(OEA)の「身体障害者に対するあらゆる差別の撤廃を目指す委員会」委員長に就任。ノーベル平和賞候補に指名された。政権を離れた13年末には、当時のパン・ギムン国連事務総長から国連「身体障害・親近特使」に任命された。16年6月まで務め、世界各地を訪問した。柔和な表情に温厚な性格で、政治家としての持ち味を「聴く耳を持つこと」(対話上手)と自認する。副大統領候補はホルヘ・グラス現・副大統領である。

 決選での対立候補は、第1回投票で得票率28・09%(265万票)だったギジェルモ・ラッソ(61)。富裕な銀行家だ。13年の前回大統領選挙に出馬したが、第1回投票でコレアに敗れた。1990年代にグアヤキル銀行頭取、赤銀行協会会長、グアヤス州知事、マウア政権の経済相を歴任した。職権で銀行規制を撤廃、金融自由化に踏み切った。99年には銀行預金を凍結、預金総額の半分を銀行資金に回した。だが計17行が倒産。中銀資金14億スクレが焦げ付いた。銀行家たちは銀行倒産を「休業」と嘯いたが、ラッソはどさくさに紛れに3000万ドル儲けたと指摘されている。このような「前歴」がラッソにはある。

 世紀末、エクアドール経済は遂に破綻、国内総生産(GDP)は30%も減った。資金13億ドルが国外に流出、インフレは60%、失業率は15%に及んだ。解放者アントニオ=ホセ・デ・スクレ元帥(1795~1830)に因む1884年以来の通貨スクレの価値は190%下落。1米ドル=2万5000スクレで交換された後、2000年に通貨の役割を終え、米ドルが新通貨になって今日に至る。この経済危機で生活を破壊された200万人が欧米などに移住した。ラ米で米ドルを通貨とする他の国はパナマ、エル・サルバドール両国だけだ。

画像1

キト中心街にある「独立広場」と大統領政庁カロンデレー宮(右)。正面はキト大聖堂

この続きをみるには

この続き: 9,338文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2017年5月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2017年5月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。