[2020.01]「昔の人が積み重ねてきたことって深すぎます」 〜箏奏者・杉浦充にきく〜
見出し画像

[2020.01]「昔の人が積み重ねてきたことって深すぎます」 〜箏奏者・杉浦充にきく〜

文●松村 洋 text by HIROSHI MATSUMURA

 世界各地のさまざまな音楽を聴くが、日本の〝純邦楽〟とはなじみが薄いというかたが、本誌読者にはけっこう多いのではないだろうか。生田流箏曲〈峰と海の会〉を主宰する杉浦充の新作『琴が奏でるおめでたい調べ〜令和、美しき時代に〜』は、そんなかたにも親しみやすいアルバムだ。十三絃の箏に大型の十七絃箏や二十絃箏も加えた編成で、杉浦の自作曲のほか小学唱歌「春が来た」や長唄の「元禄花見踊り」など、誰もが耳にしたことのある曲が楽しめる。さらに、美和円香と共演した古典曲「八段」は聴き応え十分だ。

 杉浦充は愛知県豊橋市出身。6歳で父に琴の手ほどきを受け、高校卒業後はNHK邦楽技能者育成会で学んだ。ソロの〝独箏〟ほか、自由なコラボレーションを展開してきた杉浦は、「お正月の家族団欒など、ひたすら平和で温かくて優しい時間を演出する一助となる」ような箏曲入門の作品集を、と考えてアルバムを作ったという。この新作や、お琴の魅力について話をきいた。

この続きをみるには

この続き: 1,749文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)