見出し画像

[2018.05]特集:中南米を旅する (TOKYO SKA PARADISE ORCHESTRA×中南米)

インタビュー●中原 仁

texto por JIN NAKAHARA

 89年にレコード・デビューした東京スカパラダイスオーケストラは、90年代初頭からヨーロッパ・ツアーを行ない、今世紀には北米やアジアに、10年代には中南米への進出も果たした。日本の中で最も海外での実績と評価が高いバンドのひとつであり、近年は中南米諸国の音楽家とのコラボレーションにも積極的だ。9人のバンドを代表して、GAMO (テナーサックス)と茂木欣一(ドラムス)に、近年の中南米との関わりについて話を聞いた。ちなみに2人はスカパラ内で1、2を争うブラジル音楽通でもある。

—— 中南米で最初に上陸した国はメキシコでしたね。

GAMO 2011年の「Vive Latino」というフェスでした。東日本大震災の1カ月後、日本で演奏したりしていいのかといった独特の空気になっていた時期でしたが、その前から熱烈なオファーを受けていたので行こうということになって。そこからですね、いろいろ景色が変わっていったのは。

茂木欣一 メキシコに着いて街を歩いていたら「東京スカ! 10年前から待ってたぞ」と呼びかけられたんです。それはもう興奮しました。実際にステージに立って、震災の後だったんで自分たちのマインドとしてはちょっと揺らいでるところもあったんだけど、それをメキシコのみんなが元に戻してくれたというか、自分たちが最もやるべきことをやればいいんじゃないかってことを、あの大歓声が教えてくれた気がしました。

画像1

メキシコのフェス「Vive Latino」(2011)/右中 Nonstopska@メキシコ 動員6500人!(2018)

この続きをみるには

この続き: 3,618文字 / 画像6枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2018年5月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2018年5月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。