見出し画像

[2018.01]スワヴェク・ヤスクウケとポーランド・ピアニズム

文●オラシオ text by HORACIO(通訳:杉浦 綾協力:ポーランド広報文化センター)

 CDが売れないという嘆きの声が響くようになって久しいが、それでもなお日本は世界でまれに見るフィジカル大国だ。世界中のありとあらゆるジャンルの音楽が、多種多様な音楽ライターによるライナーや歌詞対訳つきの国内盤CDでリリースされ続けるこんな国は、もはやほぼ存在しない。そんな我が国が世界に誇るべき音楽文化のひとつが、バラエティー豊かなコンピレーションCDの数々だろう。

 独自の切り口とストーリーでコンパイルされたアルバムは、私たちをリアルの音楽史と並行して存在するパラレル・ワールドに連れて行ってくれる。手前味噌になるが、私が選曲したポーランド・ジャズのコンピレーション『ポーランド・ピアニズム』(①)も、その末席に名を連ねることとなった。本コンピ制作が実現に至ったストーリーの主人公は、ピアニストのスワヴェク・ヤスクウケだ。彼なくしては、このアルバムも存在しえなかったと思う。

画像2

 ヤスクウケは、昨年の年間ベストに数多く挙げられた『Sea』(②)を皮切りに『夢の中へ』(③)『モーメンツ』(④)と続けて3枚のスタジオ録音のピアノ・ソロを日本盤でリリースした。さらに昨年12月の駐日ポーランド大使館シークレット・ライヴをオノセイゲンが録音した『東京ソロ・コンサート2016』(⑤)も11月に発表された。日本人にとって、今もっとも身近なポーランド人ミュージシャンだと言っていいだろう。『ポーランド・ピアニズム』にも、これら4枚以外の彼の過去作から2曲を収録している。

 それに加えて、今年が第3回目の開催となるザ・ピアノエラ2017にヤスクウケが中欧勢としてはじめて出演したのは非常に大きなトピックだった。ピアノエラは日本人のコンパイル・スピリットがライヴの形に昇華したとも言える、夢のプロジェクトだ。前からヤスクウケを知っているわけではなく、そのコンセプトに惹かれて来場した観客のほうが圧倒的に多かったはずだ。

この続きをみるには

この続き: 2,213文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2018年1月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2018年1月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
1
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。