[2020.02]【連載 TÚ SOLO TÚ #237】 トニー・スッカル 〜これからのサルサのあるべき姿〜
見出し画像

[2020.02]【連載 TÚ SOLO TÚ #237】 トニー・スッカル 〜これからのサルサのあるべき姿〜

文●岡本郁生

 昨年11月に発表された「第20回ラテン・グラミー」。エディ・パルミエリの渾身の1枚『ルス・マジョール』もノミネートされた〈最優秀サルサ・アルバム〉部門において、その栄誉に輝いたのは、トニー・スッカルの『マス・デ・ミ』であった。

 トニー・スッカルといえば、2015年、マイケル・ジャクソンのヒット曲をサルサでカバーしたアルバム『ユニティ:ザ・ラテン・トリビュート・トゥ・マイケル・ジャクソン』で一躍大きな注目を集めることになった人。マイアミを拠点に活躍するプロデューサー/アレンジャー/パーカッション奏者で、リマ生まれの日系ペルー人である。

画像1

 この最新アルバム『マス・デ・ミ』は、ある意味で前作の『ユニティ~』のノウハウを踏襲したものといえる。彼自身はパーカッション/バンド・リーダーとしてサウンドを作り上げ、そこに、キューバのシマフン(シマファンク)やイサック・デルガド、ペルーのジャン・マルコ、プエルトリコからアンヘル・ロペスやオビー・ベルムデスといった個性豊かな歌手たちを曲ごとにゲストに迎えることで、ヴァラエティ豊かな、トニー・スッカルならではの世界を展開しているのだ。彼自身が自らのサイトで語っているとおり、これは、「これからのサルサのあるべき姿」というべき新世代の音を提示した作品ということもできるだろう。

この続きをみるには

この続き: 2,603文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)